色落ちしないピンク系のヘアカラー!

カラー

せっかく綺麗なカラーを入れたのに・・・

すぐに色落ちしちゃった・・・

なーんて経験はありませんか??

 

実は染め方を変えるだけで色持ちをグーンとよくする方法があるんですよ♪

 

こんにちは!

あなたの髪のお悩み解決美容師

チダヨシヒロです!!

ご予約・ご相談は365日、24時間受け付けてますのでこちらからご連絡ください。

↓↓↓

美髪の錬金術師が教える【正しいシャンプー・トリートメントのやり方】

2018年10月9日

あなただけの【世界一】縮毛矯正が上手い美容師

2018年7月21日

色落ちしないカラーは可能なのか??

色落ちしないカラー・・・

考えただけでもワクワクしてしまう反面。、

 

あれっ??

色落ちしないと他のカラーを入れることができなくなってしまうのでは・・・??

という大きな矛盾が発生します。笑

 

ですから、色落ちしないカラーというのはなかなか難しいように思えます。

カラーチェンジができなくなってしまうのもちょっと恐ろしい部分がありますからね・・・。

 

ですが、

綺麗なカラーが入ったのにも関わらず、

“お客様”
すぐに色が抜けてしまった・・

っていうのは悲しいんですよね。

だからね、今回はその染めたカラーをいかにして色を持たせるか・・・??

ってところのお話しますね。

 

出来るだけ綺麗なカラーは持たせたいですからね♪

 

だから、全く色落ちしないカラーは難しいけど

なるべく色味を持たせることはやり方次第では可能なんですね!

 

 

 

色落ちしやすいカラー

実は色落ちしやすいカラーと色落ちしにくいカラーがあります。

その特性を理解しておくと少しでも色落ちせずに楽しめるかも??

色落ちしやすいカラー
  • ブリーチしてるカラー
  • 明るめのカラー
  • アッシュ系
  • ピンク系
  • イルミナカラーなどの発色が良いカラー

これらのカラーは結構色落ちがしやすいです。

 

ブリーチしてるカラー

これは言わずもかな。

ブリーチしてるカラーは基本的に色持ちを考えて作ってるというよりも、

色んなカラーを楽しめるようにしてあるケースが多いです。

濃いカラーでしっかりと染めてしまうとブリーチ部分に濃いカラーが残ってしまって次にカラーをするときに邪魔してしまうんですね。

なので、ブリーチしてる場合はそこまで色持ちを考えていたりしません。

 

明るめのカラー

明るめということは染料がそこまで多くないってことです。

染料がそこまで多くないってことはそれも色持ちはしません。

なので暗くするケースはしっかりと色味を入れたりします。

 

アッシュ系・ピンク系

この2色ってすごく色落ちが早いって言われやすいんですね。

何故、この2色が色落ちが早いと言われてるかというと・・・

「髪内部まで色素が届いてないケースが多いから」

なんですね。

しっかりと髪の芯まで色素が届いてないと色落ちするのが非常に早かったりします。

 

イルミナカラーなどの発色が良いカラー

「発色がいい=ちょっとブリーチ力が強い」

ということになります。

ブリーチされてる範囲が広いので、色持ちするようには考えられてないんですね。

 

色落ちしやすいカラーはこんなところですね。

でも、気をつけていただきたいのは「色落ちする=悪いもの」ではありません。

イルミナカラーとかも使いようによってはとても良い効果を発揮したりしますし、

ブリーチして、色んなカラーを楽しむこともとっても良いことですからね♪

 

ただ!!

今回は色持ちが良くなるカラーの方法をお伝えしていきます!!

特にピンク系ですね♪

“お客様”
ピンク系は色ちが早い・・・

とお悩みの方がたくさんいらっしゃるので、そこに焦点を絞ってご説明させていただきます!

 

ピンク系の色持ちをしやすくするヘアカラー

2ヶ月前にブリーチハイライト

半年以上前にブリーチバレイヤージュ

縮毛矯正履歴あり

なかなかなダメージ経歴をお持ちのゲスト様です・・・笑

 

これだけダメージをしてる場合、色素の流失はなかなか防げなかったりしますよね。

 

だからヘアカラーをする場合はちょっとした工夫が必要だったりします。

 

毛先は色が入りすぎてしまうと沈んでしまうケースがあるのでそれも注意が必要ですね。

縮毛矯正をかけてる髪にヘアカラーをしたらムラになってしまった

2019年4月29日

縮毛矯正+ブリーチなので細心の注意を払ってのカラーが必須。

もちろん髪内部への浸透、定着も狙ってのカラー。

 

色素が内部に定着するための前処理トリートメント。

ここで髪に必要な成分とカラー剤がくっつくのを利用する・・・感じ。

 

 

でカラー放置時間は30分です。

カラーは30分以上置くことにより定着、浸透性が高まる〜。

 

シャンプーして

そしたら、、、

これですね。

俗にいう塩基性カラーなるものをオン。

カラートリートメントもこの類に含まれます。

 

この塩基性カラー表面にひっつくような感じの特性を持っています。

 

普通のカラーで内部をしっかりと染めて

外部は塩基性カラーでさらに色味補強。

ブリーチはしてないけど・・・

簡単なダブルカラーの要領ですね♪

 

仕上がり〜♪

 

しっかりと色が定着してる感じがありますね??

内部からも外部からも色味を入れてるのと何よりも定着性の高いトリートメントをしてることにより、

発色が綺麗なんです♪

他にも同じような方法でこんな色味もやったりしました。

そしてこの色味の持ちが素晴らしく・・・

2週間以上経っても

この色の残りよう・・・www

この染め方がまさしくハマってる瞬間ですね・・・!!!

ここまで経っても綺麗なピンク感が残ってることってなかなかないのではないでしょうか??

 

でも、今回のような染め方をすれば

綺麗な発色で!!

色味を長持ちできる!!!!

 

この染め方はピンク系がおすすめです。

グレーやブルー系は色味が入りすぎてしまうと暗くなってしまう恐れが非常に高いのでコントロールが難しいのです。

やるとしたらピンク系が良いですよ!!

 

ピンク系カラーを長持ちさせたい方は是非ご相談くださいね。

 

今回のメニュー

  • 全体カラー ¥10000
  • 髪質改善002トリートメント ¥5000
  • シャンプーブロー ¥3000

全て税抜き。

 

 

 

『縮毛矯正の失敗の原因』と『失敗した時のための改善方法』

2018年9月2日

艶の出やすい髪色(ヘアカラー)って何色?

2018年8月24日

アイロン・コテの選び方【縮毛矯正・ヘアメイクのプロが選ぶ使いやすいコテ・アイロン3選】

2018年7月22日

あなただけの【世界一】縮毛矯正が上手い美容師

2018年7月21日