【脱・縮毛矯正】縮毛矯正をやめたい!そんな時にはどうしたらいいの??

縮毛矯正

縮毛矯正はくせ毛の方にとってはこれ以上ないくらいラクになるメニューですよね!

 

でも、その反面・・・

 

いつまで縮毛矯正をかけ続けなければいけないの??

 

っていう不安ありますよね??

 

そんな時は縮毛矯正をやめちゃってもいいんじゃない??

って思いますよ!

縮毛矯正をやめたい

実は

“お客様”
縮毛矯正やめたい!!

っていう方は結構いるんじゃないでしょうか??

 

僕は外部の仕事でシャンプーのやり方などを一般の方にレクチャーをしたりすることがあるんですが、「縮毛矯正をやめたい」または「くせ毛だけど縮毛矯正をかけたくない」という方は結構多いのです。

 

そうです。

 

くせ毛=縮毛矯正

 

が全てじゃないんですね。

 

くせ毛を活かしてヘアスタイルを作っていくのもいいじゃない!!

 

と僕は思うのです。

 

ただ、縮毛矯正をやめるのにも道のりはあるのです。

 

縮毛矯正をやめるために

脱・縮毛矯正をした方で多い髪型第一位は・・・

 

ショート

 

そうなんです。

 

縮毛矯正をやめた方はほとんどのケースでショートのなってます。

 

“お客様”
何故ショート??

と思うかもしれません。

 

実はショートとくせ毛ってとっても相性がいいんです。

 

クセを活かしてカットしてちょっとウェット系のスタイリング剤をつけたら完成!!

というぐらいには簡単です。

 

ショートよりも長いとクセの状態によっては広がってしまう可能性もあるんです。

 

なので、クセを活かすならショートが鉄板になっております。

 

でも、ショートにするのもある程度の長さが必要になってきます。

 

ベリーショートにするのも6センチ以上

 

ショートにするならもっと長さが欲しかったりするので、その長さに行けるまでは・・・

 

ひたすら縮毛矯正を我慢ですね・・・!!

 

徐々に縮毛矯正の部分をカットしていく

 

今回のケースをご紹介します。

 

今回のゲスト様の状態

ちょうど真ん中あたりからクセがモワッと出てきてますね。

退色してる部分が縮毛矯正がかかっていてダメージしてます。

 

が・・・

内側はスカスカ・・・。

切れ毛や髪の生え変わりの瞬間などの原因も考えられますが・・・

梳きすぎが1番の原因かと思います。

 

髪質にもよりますがあまりに梳きすぎてしまうとどうしても広がってしまう元凶になったりするので注意が必要です。。。

 

ここからカットで修正を入れていって軽ーくストレートアイロンでちょっとだけ巻いて・・・・

 

この位にまで修正することができました。

 

なんとか毛先も厚みを出すことができましたので、ここからは髪の補強などをして短くて細くなってしまってる部分をしっかりと伸ばしていくことが大切です。

 

なので、次回は髪質改善ハーブでじっくりと伸ばしていって「脱縮毛矯正」をしていきます◎

 

くせ毛は活かすこともできるし、

綺麗にストレートにすることもできますので、

ご相談くださいね♪

 

 

 

『縮毛矯正の失敗の原因』と『失敗した時のための改善方法』

2018年9月2日

艶の出やすい髪色(ヘアカラー)って何色?

2018年8月24日

アイロン・コテの選び方【縮毛矯正・ヘアメイクのプロが選ぶ使いやすいコテ・アイロン3選】

2018年7月22日

あなただけの【世界一】縮毛矯正が上手い美容師

2018年7月21日