【ブルーを入れるのは難しい??】インナーカラーで綺麗なブルーを入れる

カラー

ヘアカラーでブルーを入れるって難しい・・・??

 

確かに難しいです・・・

 

でも、コツさえ掴んでしまえばそこまで難しくなかったり??

 

たまにはカラーで遊びたいぃぃぃぃぃぃ!!!!

 

って気持ちってあると思うんです。

 

そんな時、、、

 

“お客様”
ブリーチは・・・・???傷むからやめよう。。。

ってなること多いと思うんですよね。

 

でも、ブリーチも縮毛矯正も一緒で傷ませる美容師さんがやれば傷むし、

 

傷ませない美容師さんがやれば傷みを感じずに入れるものだったりします。

 

むしろ、、、ブリーチしてた方が綺麗な質感になっちゃうトリートメント方法があったり・・・???

なかったり・・・???www

 

ブルーにするには??

 

“お客様”
ブルーにするのって難しいんじゃ・・・??

ってお声があったりします。

 

いえいえそんなことはありません。

 

ブルーにするにはどうしたらいいのか??

 

“チダ”
ブリーチでしっかりと脱色してしまえばいいのです。

 

よくあるんですが、ブリーチが明るくなるとビビって流しちゃう美容師さん・・・

 

中途半端にブリーチをすると綺麗な色は入りません。

 

しっかり色を脱いてこそのブリーチなので、きっちり放置時間をとって綺麗に脱けば綺麗なブルーは入りますよー♪

 

ではでは・・・

 

どのくらい脱けば綺麗なブルーが入るのでしょうか??

 

インナーカラーに綺麗なブルーを入れる

 

ブルーを綺麗に入れるにはどのくらいの明るさがあればいいのか・・・??

このぐらい色が脱けてればokです☆

 

意外と黄色いなと思いましたね??

 

でも、最近のカラー剤はものすごく優秀なのです。

 

全体も綺麗な暗髪にして・・・

 

さらに綺麗なインナーカラーを入れちゃいましょう!

 

インナーカラー以外のビフォーはこんな感じです。

 

 

カラーでのイメチェンマジックをやっていきますよー!

 

 

チダオリジナルミックスで・・・笑

 

実は精巧な色の塗り分けでカラーの見え方って変わってきます。

 

ただのベタ塗りも悪いとは言いませんが色を楽しみたいなら

 

濃淡などを意識すると一層綺麗なカラーに仕上がります。

 

 

 

 

 

そして、完成形がコチラ・・・

 

 

 

 

 

 

 

あれ??

インナーカラーはどこへ???

 

 

チラ・・・

 

チラチラ・・・

耳にかけるとこんなに可愛いのがインナーカラー。

 

実はこんな毛先しか染めてないのです。

 

それでもこんなに存在感がありつつ・・・

 

さりげない存在のインナーカラー・・・。

 

これが可愛いんですよね。

 

たまにはこんな思い切ったようで思い切り切ってないインナーカラーはいかがでしょう??

 

僕がブリーチからしっかりと髪質改善002を含めつつやればそこまでダメージ感を感じずにできますよー◎

(もちろん、最初から傷んでる髪を修復するのは無理ですが・・・)

 

最後までお読みいただきありがとうございましたー♪

 

 

 

 

 

『縮毛矯正の失敗の原因』と『失敗した時のための改善方法』

2018年9月2日

艶の出やすい髪色(ヘアカラー)って何色?

2018年8月24日

アイロン・コテの選び方【縮毛矯正・ヘアメイクのプロが選ぶ使いやすいコテ・アイロン3選】

2018年7月22日

あなただけの【世界一】縮毛矯正が上手い美容師

2018年7月21日