今後、僕のウラヴィジョン。【移動型美容室やデリバリーシステムの勉強】

web活用



思ったよりも反響頂けたこのテーマ。

美容師の業務委託って稼げるのか??

 

みなさま、

 

面白おかしく呼んでくださいましたでしょうか??

 

 

面白ければ、

 

それでいいです。

 

 

そんな気にとめるほどの内容でもなかったりするので。

 

 

で、、、、

 

今後、僕が展開していきたいテーマ。

 

実は僕、

 

 

超個人的にやりたいという

 

漠然としたヴィジョンがありまして、、、

 

 

あくまでも、

 

超個人的なものなので、

 

 

誰に賛同されようとか、、、

 

 

誰かと一緒にやろうとか、、、

 

 

そんな気持ちはサラサラなく、、、

 

 

あくまでも、一人で動けるスタンスを身に付けたい所存なんです。

 

 

前オーナーには

 

『一人でできることなんて何もない』

と口酸っぱく言われたものです。

 

 

 

 

 

 

こんなありがたいブログまで書いてもらえて嬉しい。

 

最高か。

 

 

 

で、、、

 

 

何をやりたいかっていうと、、、

 

 

たまにお話してご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

 

 

移動型美容室をやりたいんです。

 

 

 

 

大真面目。

 

 

 

冗談一切抜き。

 

 

あまり公表はしてなかったのですが、、、

 

 

この前、手相を見てもらって

 

 

自分のヴィジョンを言っていった方がいいと言われたので、

 

 

これは言っとけ!!!!

と思ったので、ここで公表。

 

 

 

 

公表したものの、、、

 

 

 

いつからやるか

 

 

どうやるか

 

 

資金調達は???

 

 

などは一切決まっておりません。

 

 

なので、本当にただのヴィジョンです。

 

 

 

むしろ、戯言???

 

 

はははは

 

 

 

卓上の空論といっても過言ではないレベルです。笑

 

 

 

でもね、

 

検索してみると、、、、

 

 

 

 

あるもんですね。

 

日本唯一の移動型美容室の販売、レンタルしてる業者。

 

 

 

んで、

 

そこからヒットするこの方

 

流石かよっ!!!

 

んで

んで

その内容は、、、

<移動美容室をやる為の現実的な壁>
日本の通常の車のバッテリー12ボルトではドライヤーの最大値3000ワットを使えるようにするのは難しいとの事。海外ではドライヤーも使えそうな24ボルト以上の車が普通にあったりするらしいのですが、日本では車で生活できないようにバッテリー関係にも規制がかかっているみたいです。なので、車内で立ち歩ける車も宅急便などのクイックデリバリーという車以外は一般的には販売されてなかったりします。
スクリーンショット 2015-11-05 20.48.02
またトラック等の大型車であれば日本にも24ボルト車があるのですが、中古で安いものでも車体価格で300万前後、それを購入して内装などを超手作りのでやったとしても、最低限の予算で500万はかかるような感じでした。ちなみに普通に移動美容室をつくったら1500万はかかります・・・
サロン普通に開業できるじゃん!!とツッコミたくなります。
貯金5万円の僕には到底無理な内容でした。
国や市町区の規制、さらには美容師法もからみあって車での移動美容室がとてもはじめづらい状況という現実をつきつけられました。
なかなか
現実は厳しい。。。
なと。
ってか
そしたら、みんなどうやって移動型やってるんや??
これは自身の宿題にしておく。
あ、あの洗面台との一体型ドライヤーも試さなきゃ。。。
今度の休み体験しに行こう。
ついでに
上記のドライヤー問題も解決したい。
そして、
これにもある通り

休みの日はワッフルでも焼きましょうかね??

(大真面目)

普段は美容師。

休みの日はワッフル焼いてます。

っていう人物像ですかね。

これやる。

 

 

というか、

 

やらせてもらう。

 

これが僕の移動式のヒントになること間違いなしと思うんです。

 

 

 

 

そして、

 

 

移動式といえば、、、、デリバリー

 

 

 

そして、

 

 

今を行く

 

 

デリバリーといえば、、、

 

 

ウーバーイーツ…!!!!

 

 

 

とある有給中に

 

こんな事もわざわざ体験しにいってみたり。。。

 

 

 

移動式、、、

 

 

デリバリーを知りたいなら

 

 

まずはデリバリーをせよ!!!

って事で。

 

 

これも体験。

 

 

 

 

まぁ、これは完全に

 

 

パシリでした。

 

 

 

 

 

ウーバーイーツは距離で稼げる額が決まる。

 

 

注文を受けた店舗

配達先

 

の距離で自分の稼ぐ値段が決まります。

 

 

そして、、、、

 

 

そこから、、、

 

 

35%のサービス料がウーバーからしょっ引かれます。

 

 

35%ってwwww

 

 

どんだけ持ってくねんウーバーwww

 

って笑えるわ。

 

 

 

あとはこんな様々なインセンティブがつく。

 

 

地域によっての値段の変動。

 

 

そして、ここで東京の心理を知るんだけど、、、

 

 

ほぼ、

 

港区じゃないと稼げない。

 

 

日本の経済は

 

港区で回ってるんじゃないのか??

 

と錯覚するほどに。

 

 

そして、数々のタワーマンションに行く始末。

 

 

これが港区か。。。

 

 

これが心理。

 

 

 

 

ってところから見ると

 

 

港区民相手にビジネスを仕掛けるのが吉??

 

ってそんな簡単なわけではなくて、、、

 

 

そこに入り込むのであれば、それ相応の代価が必要ってどこかの錬金術師が言っていた。

 

 

そして、このウーバーイーツ、、、

 

ホスピタリティーは必要なく、、、

 

 

配達!!

あざーしたー!!!

 

って終わり。

 

 

ここで、企画ものであれば、、、

 

なんて不埒なことは一切に考えない方が良い。

 

 

 

 

でも、

 

良いところは

 

体を動かしてお金をもらえるんだから、

 

考えようによってはいいのかな???

 

 

考え方や、感じ方は人それぞれですね。

 

 

僕はこのウーバーイーツのシステムってすごいなと…

 

 

日本ではウーバーはあまり発展してるようには感じませんが、

 

 

ウーバーイーツは確実に成長と拡大を広げてますもんね。

 

 

 

ホスピタリティーよりもシステムが圧倒してる証拠。

 

 

でも、僕らの仕事はホスピタリティーも必須項目なんですよね。

 

 

 

デリバリー+ホスピタリティー+テクニック

 

必須項目ですかね。

 

 

なんにせよ、

 

 

ウーバーイーツは良き経験でした。

 

 

業務委託も良き経験。

 

 

そして、今も新鮮で良き経験。

 

 

前のサロンのismもきっちりと受け継いで

 

どう展開して行こうかなって日々模索中。

 

 

とりあえず、今は発言するところから始めます。

 

 

あ、

 

そして、

 

ウーバーはランチ時の

 

11時から15時までやってみて、、、

 

 

¥1500しか稼げなかったのでもうやらないでしょう。

 

 

運動

 

自転車好きな方は是非。

 

何かの合間にできるのはポイント高しですね。

 

 

 

何事も経験と即実行ですわ。

 

 

 

ちなみにこの稼ぎはお昼ご飯で消えました。。。

 

 

 

という事で

 

移動型美容カーの情報求む。